LAKE TROLLERS FISHING REPORT


2011年4月2日 芦ノ湖釣行レポート

Reported  by  Teamレバーン 井上憲治

釣行者:井上憲治/勝又健太郎(kigan
?釣果:ニジマス30cm〜50cm 二人合計21
ヒットルアー:オリジナル夜光貝&牛角ルアー、
kiganミノー
棚:1〜8色?スピード:2.2〜5.0km


早春の芦ノ湖
今期の開幕戦は3月12日の予定だったが、
東北大震災の影響で延期となっていた。
井上アングラー             Kigan勝又

その後、自身はもちろんまわりの人々もバタバタとしていたので
なかなか釣りに行くどころではなくなっていた。
しかしながら大震災から3週間。
だいぶ落ち着いてきたので、
早春の芦ノ湖へと向かうこととなった。
狙うはもちろん、サクラマス!
4月2日 天気:晴れ
前日の夜中に出発し早朝、芦ノ湖へ到着。?
思ったよりも暖かく、風も弱いので
トローリング日和となりそうだ。
今回は、私とkigan勝又の二人での釣行となったのだが、
久しぶりの釣り支度のため、準備に少し手間取ってしまった。
「最近、朝はいまいち釣れてないよ」という
ボート店スタッフの言葉もあり、のんびりとスタート。
早春の芦ノ湖                       豊漁を呼ぶ雲?

 まずは良く釣れる牛角ルアーを使用。
流し始めてすぐに勝又のロッドがしなる。
上がってきたのは、35cmほどの元気なニジマス。
すると、今度は私のロッドにもヒット!
久しぶりに魚の引きを愉しみながらリールを巻いていると、勝又のロッドも大きくしなっている。
ダブルヒット!!
慌てて勝又もロッドを手に、リールを巻きだす。
上がってきたのは、50cm弱の良い型のニジマス。その後も頻繁にヒット。
しかし、針掛かりが悪くバラシが多くなってきた。
本命のサクラマスではないので、
少し釣り方が雑になってきたようだ。
 しばらくしてアタリが遠のいてきたので、私と勝又はミノーに変更。
棚を深めの7〜8色にしてサクラマスのアタリを待つが
ヒットするのはニジマスばかり。
湖尻方面ではなぜかホウライマスがよくかかり、その都度サクラマスと思いこみ一喜一憂。
「そのうちニジマスに混じって、サクラマスが釣れるはず」と信じていたが、サクラマスが釣れることはなかった。

結局、私は7本で、勝又は14本。
午前中は二人とも同じ釣果だったが、勝又がオリジナルミノーkigan(祈願)を使いだしてから状況が一変。
立て続けに勝又のロッドに魚がヒット!
kigan
ミノー(ワカサギモデル)は本当に良く釣れる。
今回はサクラマスが釣れなかったが、次回に期待が膨らむ良い釣果となった。

以上