LAKE TROLLERS FISHING REPORT


2011年 志布志 Fishing by 鹿児島に行った今野眞次

釣行日  5/15(日)
場所  鹿児島県志布志市志布志町前川河口
潮    大潮
ゲットフィッシュ  : エイ(毒魚・・・シッポに毒針あり) 

 志布志港に流れでる前川は、
元々海岸だったところを港湾整備により河口を延長したため、
満潮時には河口から上流1kmあたりまで海水で満たされるが、
大潮の干潮時には、そのほとんどが砂地を露出する。
この水位変化により、大潮干潮の休日ともなれば家族連れのあさり獲りで賑わいをみせ、
特に夜は絶好のルアーフィッシングフィールドとなる。
 主なルアー対象魚は、スズキ・ヒラメ・マゴチ等、外道でエイ(毒魚)
今春、鹿児島県の志布志に転勤した今野アングラー 
  この日は、日が落ちるのを待って干潮が下げきる前まだ下げの流れがある19時40分にウェーディングした。
 メインターゲットは、スズキ。
 フローテイングミノーで流芯をトレースするようにアップストリームにキャストを繰り返したが反応がないため、
 ディープダイブミノー換えて、リップで底をツンツンと小突いては浮かせて底にいるヒラメ・マゴチを誘った。
 当りがないまま約1時間が過ぎ、足場が膝上、流芯が1m程度になった頃、砂地というのに何故か根掛かり。
 外そうと竿先を震わせながらロッドをあおったその時、予想もしないドラグ全開の突進が始まった。
 なんだこりゃー???座布団ヒラメか?
 ロッドがバットから弧を描いたままじっと耐える。とにかく重たい。
 これがヒラメなら人生初ヒラメだが、なんか違うような???
  時折突進を繰り返し距離が縮まらないため、こちらが移動して距離をつめると、
 5〜6m先でデカイヒレをパタバタと大暴れさせさらにドラグ全開でラインが出される。
 こりゃエイだよと引きの強さに納得しつつ、こんなやり取りを繰り返しランディングを試みるが、
 でかすぎて網に納まらず約20分の格闘の末、無事ランデイング成功。
初エイげっちゅ〜♪だよ〜ん♪           アカエイ腹

 
 幅約80cm(未計測)の外道「エイ」をゲットでした。・・・ネット調べによると「アカエイ(毒魚)」らしい。
 エイヒレで焼酎といきたかったが、でかすぎ、食いきれない。
料理が大変なため、東京勤務時代の後輩で同じ志布志に来ている「しのちゅー」を携帯で呼び出した。
チャリンコで駆けつけた「しのちゅー」に撮影してもらった後、アカエイを優しく海にリリース。
ps. 撮影後「しのちゅー」も、夜の志布志銀座に優しくリリース・・・。

 アカエイ写真etc
解説:沿岸の砂泥地の海底にすみ、冬場はやや深いところに移動する。日本沿岸で最も普通に見られるエイ。
腹側は白色だが、周辺はオレンジ色に縁取られている。ゴカイや二枚貝を食べる。尾のつけ根に1〜3本の毒のトゲがある。
大きいものは2mにもなる

[タックル]
  ロッド・・・ダイコー9.6ftシーバス用
  リール・・・ダイワ3500
  ライン・・・20lb・PE
  ルアー・・・DUELマグネットシステムF 90Diet 
今後は、近海青物・磯スズキ・サーフヒラメ等にもチャレンジ予定です。
乞うご期待!
 
以上