LAKE TROLLERS FISHING REPORT


2011年5月3日 丸沼 

釣行Reported  by  佐藤ランディングマスタ

釣 行 者: 佐藤 Landing-master & his second-daughter
天  気 : 快晴
気  温 : 1〜10℃
釣  果   2尾(虹鱒)

 GW真っ只中の3日、次女(小4)を連れて「丸沼」釣行へ行ってきました。

天気は快晴!でしたが朝の気温1℃という、5月初めでも東京の真冬並みの気温である「丸沼」は、解禁直後の大減水のため、ボート乗り場までエレキ&バッテリーを運ぶ難儀な釣りでありました。
でもこの苦行を超えてこそ「大物がオレを待っているのだ!」、ナンチャッテ。
5時に出船後、ホテル前からいきなりトロール開始。
 
            大減水の丸沼                              春の丸沼
 グルリと湖を2週したがヒットがなく、その後エラ沢〜八丁下〜発電所前と流していくがそれでもアタリがない。
そうしているうちに次女から「トイレ・寒い・釣れない」の3大クレームが付き始め、クレーム対応営業必携マニュアルに則り(ちがうかっ)7時にギブアップ。
次女を車に残し寝かせると8時に再挑戦って訳で、発電所前からトンビの鼻を目指すお得意のコースに先月の銀山で大活躍したミノーをセットし、1人寡黙に湖に漕ぎ出し、孤独な湖上の釣人化した。
            寒さに耐え…                             虹鱒 40cm
 2.5色まで流した途端にヒットあり!!綺麗な40センチのニジマスであった。
今期初の丸沼釣果に満足しながら、後は次女に釣らせるため10時に同船し、ヒットしたポイントへ急行。
釣れた同じタナにセットするとまたもやヒット。次女は悪戦苦闘しながらもやっとこ釣り上げるとヒレピンの37センチのニジマス!
日ごろから鍛えたランディングの腕前を愛娘の前で披露でき、とうちゃん感激!×10倍!!!
普通サイズながらも大喜びの娘に「また来るぞー!」と誘ったら「寒くなくて釣れるならいいよ」と、仕事のように厳しいことを言われてしまい、11時に納竿しました。

最後に丸沼環湖荘の星野さんに挨拶したところ「3日程前に群馬北部を震源地とする地震があってそれ以来釣果がシビアになったね」とのことでした。
                               ヒレピンの虹鱒

以上