LAKE TROLLERS FISHING REPORT


2011年 7月 16日 支 笏 湖
  Reported  by  Vick 岸

今回は三連休ラス日、天気とボートの空き状況を見ながらの出船となった。
関東からの遠征組も来ているとの事前情報もあったが、
出船を決めた最大の理由は、”涼しいから・・・”の一点。
予報では、雨から曇り、最高気温は22度!これなら日焼けモード無しと確信。

札幌からの峠越えが濃霧であったことから、出船が危ぶまれたが、
支笏湖到着でビックリの視界良好。
霧雨の状況下いつものポイントチェックへ、魚探の反応はボチボチで大型系の魚探反
応と前回の棚、水深をを比較しながら進んで行く。
途中、左舷のパラダイムに二回当たりがあるものの乗らず、なんだかなぁあと独り言。

Uタ―ンしながら、若干深めの棚をトレースし魚探探査することに。
”こっちのコースは、ブラウン来ないんだよなぁああ”とか考えていたら、
まさかのガッツリHIT!!(AM4:00)
右舷のブレーカーを回収し、戦闘開始すると、あららなんか手応えが違う、なんか
こっちに向かって泳いでいる感じ・・・、あれ?と思うもヘッドシェイクは健在、
桜のでっかいのか?と頭をよぎったが・・・今期の桜は痩せてるし・・・と否定、
そんなこんなしていたら、魚が浮上し、水面ダッシュしているんですけど・・・。
水面ダッシュ三回されて、突っ込み二回交わして、寄ってきたのは、”そう、
最近支笏湖では少なくなったと言われるレインボー”。
ネットインし、初物マッチョ(メタボか?)さんを計測すると、61もありますがな・・・と、
二週連続の60超えとなった。

開始早々の速攻劇に気を良くし、その後ブラウンコースをしつこく流すも、
ブラウンからの反応はなし。
湖上の天気は、引き続き降ったり止んだりで気が滅入るなか、
加えて眠気に襲われる中、待ちに待った待望のナイスヒットはなんと4時間後、
しかもブラウンコースからの折り返し・・・、”そう、まさに奴の気配”、
先程よりは苦戦せず上がってきたのは、”ハイ、正解、レインボー53也。
しかも弾丸ボディー”であった。(AM8:00)


”なんか今日はレインボー祭りだな”とか考えていたら、
その後はレインボーすら当たってくれず、いつもの支笏湖へ、
ブラウンも駄目駄目で11時頃の納竿となった。

Data】
日時:7月18日
天気:雨/曇り
気温:18〜22度
水温:18.7〜19.3度 (表層)
Rod:パラダイム(左舷)、ブレーカー7:3(右舷)
Reel:Abu 7000 (w 15lbs Lead-core)&7500(w 18lbs)
Lure:I’z Shell Craft 夜光貝(Regular Type)
(ブラウンにはSlim Type、
今日はRegularにレインボーと、今後狙って釣れるかも・・・)
Results:虹鱒 61、53cm (plus雨鱒ルアーサイズ)

以上