LAKE TROLLERS FISHING REPORT

中禅寺湖 FTレバーン&レイクトローラーズ釣大会
reported by Ted


2016年9月10日
(土)
天候: 晴れ
気温: 17-20, 水温21.5度

プロローグ -Prolog-
 過日、都内で久しぶりの懇親会を行ったレバーンFTとレイトロ(レイクトローラーズ)。昔話から最近のネタで大いに盛り上がり、勢いそのままに中禅寺湖での合同釣り大会が決定した。

大会開催
 台風の上陸回数が多い今年は大会の開催が心配されたが10日は台風もなく、朝いちはうす曇の絶好の釣り日和となった。




大会参加者は7名でレバーンからはKIGAN勝又、テディー石山、カイト匹田の3名。レイトロは塩谷大物師、ウッチー、進ちゃん、TEDの4名。

4時に7名が5艇に分かれて競技スタート。
1.塩谷大物師ー熟練の業師!
2.ウッチーー粘り強いしつこさが持ち味デス!
3.TED+進ちゃんー海外凱旋チーム、でかいの狙うよ!
4.カイト+TEDDYートローリング歴は短いが成長著しいコンビ!
5.KIGAN勝又ー自作ミノーで大物含めコンスタントな釣果実績有り!

朝のコアタイムー順調な滑り出しを見せたのは最近の中禅寺湖でコンスタントな実績を持つKIGAN勝又艇。そしてカイト+TEDDY艇とウッチー艇も続いた。

<朝いちテディーの快進撃!! ルアーは自作ミノー>


デカホンではないがそれぞれ30cmオーバーのアベレージサイズのホンマス数尾を立て続けにゲット。
7-8月のようなホンマス爆釣祭りは既に終焉を向かえ、最近の雨で水位が大幅に増えたためポイントが絞り辛い。
塩谷大物師は朝イチにツガ沖でヒメマス2尾をゲット、TED+進ちゃん艇はデカホンを狙うもポイントを外しまくり、6時過ぎに山側でようやくホンマスをゲット。(シェルスター)。
しかし7時を過ぎるとアタリも魚影も激減し8時を過ぎるとほぼノーピク状態。9時以降はシステムを変更してボトム狙い。

実績十分のKIGAN勝又艇はこの激シブ下でコンディションの良いブラウンを釣り上げた。TED松田艇もシェルスターオカジンSPでこの日初めてのレイク56cmを釣った。(結局このレイクがこの日の優勝魚)

<TED松田のレイクトラウト56cm>


塩谷大物師はヒメ、レイク、ブラウンを計6尾釣ったがサイズが上がらず全員が期待した釣果を出せず午前の部が終了。

午前中はTEDのレイク56cmが最大魚。
魚種別ではKIGAN勝又氏の48cmのブラウン、39cmのホンマス、ウッチーの38cmの虹鱒がそれぞれトップに躍り出た。

<KIGAN勝又氏のブラウン49cm>


昼はオカジン食堂で昼食を取りながら真木ルアーの真木さんも交えてしばし歓談。
真木さんには景品の真木ルアー3個を提供して頂いた。
「真木さん有難うございます!」

<昼食 at オカジン食堂>


今回の大会は中禅寺湖での今期最終釣行を兼ねるため、参加者のほとんどは昼寝を取らず昼食後にそのまま午後の部に突入。

<午後の部ー気合十分のテディー、カイト、塩谷大物師>


午後も7-8月のホンマスラッシュと比べると激シブ。

午後の部で1人気を吐いたのが熟練業師の塩谷大物師。12番〜13番でポイントを見つけると超デッドスローのLC素引きでレイクとブラウンのダブルヒット二連荘など午後だけで8尾。
塩谷大物師以外の4艇の午後の部の釣果はKIGAN勝又氏とTEDのブラウンの二尾だけだったことから塩谷大物師の釣果が際立った!

<塩谷大物師とブラウン54cm>


<勝又氏の祈願ミノー120とグッドコンディションのブラウン>


<TED松田のブラウン42cmと真木ルアーZERO90>


午後6時のタイムリミットで納竿。
片づけを済ませ宿泊・宴会場所の民宿白樺へ移動する。

この日の優勝は釣果3尾ながら、魚種別に3尾釣り上げそのすべてが計測対象魚だったTED松田が大物賞+トータルレングス賞を受賞。

大会結果

 タイトル アングラー  プライズ
 優勝(大物賞) TED松田   レイク56cm 賞金
 準優勝(大物賞) 塩谷  ブラウン54cm 賞金
 トータルレングス TED松田  レイク+ブラウン+ホンマス
131cm
賞金+
祈願ミノー
 魚種別レイクトラウト TED松田  レイク56cm 真木ミノー
      ブラウン 塩谷  ブラウン54cm 真木ミノー
      ホンマス 勝又  ホンマス39cm 真木ミノー
     その他 打越 虹鱒38cm 祈願ミノー

宴会・表彰式
民宿白樺のご好意で一階のダイニングを宴会場として使うことができた。
しばし歓談で盛り上がり、表彰式。

<宴会&表彰式>
 




表彰式を多い盛り上げてくれたのはKIGAN勝又氏作成の優勝トロフィーと表彰状、また大会記念ステッカーをレバーンのカイト氏が作成・進呈してくれた。デザインも手がけるプロ2人の作品は見事であった。

<WinnerのTEDと勝又氏作成のトロフィー!!>
全て手作り。この世で一点物のハンドメイドトロフィー。


<表彰状>
勝又氏作成の表彰状。
上部のイラストは手書き!


<大会記念ステッカー>
カイト氏作成のステッカープロのお仕事!


エピローグ-epilogue-
過去の実績から釣果はサイズ的にも納得できなかったが、お祭り気分の釣り大会で夜の宴会、表彰式は大いに盛り上がり、今回も勢いそのままに来春の銀山湖大会を決定し大会を終えた。

以上