FISHING REPORT
 
by 塩谷敦
中禅寺湖
 2002年6月8日

勝因

今回ほとんどの釣人がボーズの中、「好調だった要因は何?」と聞かれ、即座に答えた言葉は「敬謙な祈りの気持ち」。マジメな話、前日夕、比較的早めに到着した中禅寺湖畔では、まず二荒山神社日光中宮祠の二荒権現に祈りを捧げ、お守りを購入。さらに当日の昼休みには、中禅寺立木観音を観し、山の上の本堂で「大漁満足」の祈祷(2千円の初穂料)でお願いした。ちなみに塩谷大物師は、祈り屋でもクリスチャンでも何でもない。が要は、釣りに夢中になるあまり、視野が狭くなりがちな修行の湖・中禅寺湖では、こんな風なユトリの気持ちが大切、って事か?!。岡甚ヒロカズさんも一押しする、果絶大な中禅寺立木観音の「大漁満足」祈願、貴方も次回は是非どーですか?

高田+富永艇レポート

午前3時半過ぎに出港。
出港前、富永”若葉マーク”船長から「船舶試験はハンドルがある船だったので、船外機のタイプは使ったことがない。」と先行き不安な発言。打越さんに始動方法を教えてもらったのち、山側でトローリング開始したが、その30分後いきなりエンスト。なぜか、エンジン再始動せず20分ほど漂流の旅へ。携帯電話でのSOSが頭をよぎったそのとき、奇跡のエンジン再始動。
 
その後、国道側へ移動しながら三時間ほどたったが反応無し。塩谷大物釣氏がレイクトラウトをゲットしたとの情報を得て、その場所へ移動したが岸よりを意識し過ぎて根掛りのオンパレードが続く。
 
休憩中に、4匹をゲットした塩谷氏が一番反応が良かったのは中型のミノーだったという話を伺い、その大きさに近いサイズのバッセル7グラム(ブラウン用の秘密兵器としてメキシコあわび模様を3色用意していた。)で再挑戦。しかし、午後6時を過ぎても反応なし。そろそろあきらめて帰ろうかと話をしていたところ、急にロッドがしなり、穂先が水中へ。「また、根掛りですか」と富永暴言王に言われながらも、この辺はそんなに浅くないとわずかな望みをつなぐ。ゆっくりと巻き上げると何か大きなものがかかっている手ごたえ。「ほんとに魚ですか?木とかじゃないですか。」と暴言王の発言は続く。後2色となったところで魚が動き始め、一気に底へ向けてレッドコアラインが出て行く。「ほんとですかぁ?」と未だに信じない船長に向かい、糸が絡むのを防ぐためにもう一本のロッドを巻き上げるよう指示。10分程度一進一退が続いたのち、ついにリーダーを巻き取り始めてようやく魚影が見えてきた。やっと信じてくれた富永がネットを用意する。「デカイ・・。」塩谷大物釣師の68cmまでは行かないものの60cmはありそうなサイズのレイクトラウトだった。魚の大きさに喜ぶ一方で、巻き上げている最中に頭をよぎった不安が的中。柄まで含めたネットの全長よりでかい。我々はフライで使うような小型のものしか用意してなかったのだ。いちかばちかのランディングにかかる前に、とりあえずデジカメ写真を頼む。
2度トライしてもらったが、予想どおり魚は網に入らず、ルアーと共に魚は水中に戻っていった。←なんとまあもったいない!
 
 
帰宅した翌日から、大型ネットを探し始めたのはいうまでもない。               以上 
参加者:塩谷、今野、打越、高田、富永の5名
天候:快晴、風は朝のうち東の微風、のち西南西のやや強風
気温:10〜25℃、水温:11〜12℃

釣果ならびに全体概況:
塩谷:レイクトラウト 68cm、41cm他2尾の 計4尾、
今野、打越、高田、富永:痛恨の0尾
前夜祭

中禅寺湖・歌が浜駐車場にそれぞれ集合のため、今回前夜祭はなし。通常は各自とも24時頃到着し簡単にタックル準備し、缶ビールを飲んで仮眠するのがパターンである。しかしこの日はラッキーにも前日宇都宮付近に仕事できていた塩谷選手は、夕方5時すぎに中禅寺湖に到着。

歌が浜駐車場の岡甚桟橋側のベンチに陣取り、一人前夜祭を開催した。「日本一の展望レストラン」と称する同所でのアウトドアディナーは、男体山をバックに夕まずめの岡甚桟橋に戻ってくる釣人を見物しながらのスプレンディッドタイム。時々顔をみせる岡甚関係者から情報集数しつつ、コンビニ弁当を頬張りながら、上手い空気にビールとワイン、赤坂ニューオータニの「トゥールダルジャン」をも凌ぐ爽快さは最高の贅沢、これぞトラウト釣師にとっての五つ星レストランだ。

早朝の釣り
オカジンに集結したLakeTrollers面々は、朝一番に出船、ホンマス狙いで比較的浅いタナを徹底してトロールするが、朝日がサンサンと出てからも全員がノーヒット。トロール場所は本つが、13番、国道と各船それぞれだが、周りの船もほとんど釣れてない。
(ちなみにこの日は、岡甚の全船が出払う程の盛況ぶりでした)

朝5時すぎ、携帯電話での情報交換は、「今日はダメ、こりゃ釣れねぇや」の声となり、早くもあきらめムードが漂う。そんな中、塩谷大物師は「ホンマスがダメでもレイク・ブラウンは日が昇ってから!!」と、なかば空元気に近い励ましの声で応信する。

その後5時30分、塩谷選手が大尻界隈で41cmのレイクトラウトをミノーでゲットした。とりあえずボーズ回避で一安心の同氏は、「レイクトラウトは早朝からシャカリキにならずとも、日中にかけ十分狙えるので、今のうちは体力温存」と、ボートを湖のど真ん中に停止させ、心地よい東風と朝日を浴びながら、イケスのレイクトラウトを鑑賞しつつゆっくりと朝食タイムとシャレこむ。この瞬間がまた格別でたまらない。

レイクトラウト狙い

 8時を過ぎる頃、レイクトラウトに狙いを絞って釣りを再開。大尻から二荒山神社をぬけ国道を目指していると、ある箇所で魚探の反応やけに良い。「よーしこの場所で踏ん張るぞ」と思った直後、本日2尾目となるレイクトラウト約40cmを同じミノーでゲットした。小型レイクのため一方のロッドを流したままラインディングし終わると、その竿に続け様に次の獲物がヒットした。今度はデカく50ydのレッドコアラインは最初から重い。約10分かけなんとかリーダーまで巻き「ここから勝負!」というところで沖合いを通過したモーターボートの横波をうけ、バランスを崩した拍子にバラシ。なんとのはや、最後は船足を止めていたため横波でラインテンションが緩み、もともと浅いフッキングが外れたのが敗因と想像できる。バラす直前、残り5mのラインの先の水中で一瞬キラリと見えた魚は、約55cmのレイクトラウトの様だったが、残念…。

レイクトラウト68cmゲット!!

 9時をすぎると風向きが南西に変わりつつあるため、国道沿いに移動するつもりで再度大尻からトロールした。直前にやや大きめレイクトラウトがヒットした同ポイントの9時30分。小型ウッドベイトをセットした左舷60ydのロッドが突如根元からひん曲がった。タックルは、信頼のCLVCustomLakeTrollerに、シマノCulcutta700番、ラインは18lb.のレッドコアに12lb.リーダー。いつもの様に2本トロール中だったため、他方のロッドを巻き取ろうか?と一瞬思ったが、直前のバラシの悔しさから、今度はより早く確実に魚を取り込もうと、もう1本のロッドは流したままリトリーブを開始した。
小型ウッドベイトにつけたフックは岡甚ヒロカズ氏曰く「小さすぎない?」と指摘するシロモノで、どちらかというと芦ノ湖仕様。針カカリは鋭いがいかにしても細すぎる事は承知している。このため無理出来ず、左足で船外機のクラッチをオン・オフさせながら(一方のロッドは当然無視)、ジックリジワジワとリトリーブする。しかし20ydから先がなかな巻けない。シマノ700番はドラグのきめ細かい調整機能は素晴らしい一方で、ドラグ初期作動がAbuに比べやや難があり、突然のレイクの突進に対し最初は素直にラインが出て行かない事が唯一の弱点だ。このためレイクのファイトにはロッドを魚に対し真っ直ぐにして、少しでもラインを出やすくした。

これによりその後のレイクトラウトの大潜行に際しては、ロッドティップが50cm以上水中に突き刺さったまま、レッドコアを20yd近く引きづり出されること数回。にわかに強くなった西南西の風を受け、船上では気合を入れながらも慎重にヤリトリを繰り返す。日頃筋トレで鍛えている左バイプレス上腕二頭筋ではあるが、流石に20分を越える魚とのヤリトリで既にクレアチン切れでパンパン状態。が「レイクも同様に疲れている」と確信し、最後はしつこくCLVの撓りを利用しポンピングで少しづつ少しづつ魚を浮上させる作戦をとる。

ようやくボート前方約7-8mに姿をあらわしたレイクトラウトは、水の中の表面張力では90cmオーバーにも見え結構興奮する。1回目のランディングは失敗、2発目もダメだった。一瞬潜行しかけたレイクに対し、これ以上の格闘はフックの限界を超え危険と判断。ラストチャンスは少々強引にロッドを立てて手前に魚を引き寄せ、レイクトラウトが腹を見せた瞬間、下からガバッと3発目で無事ネットイン。ネットごとイケスに入れたレイクトラウトが咥えていたフックは、予想通りほぼ真横まで伸びていた。

この釣果も 二荒神社の お守りのおかげ! 浩和さんとトローラーズ
半月山より

明智平

岡甚桟橋
打越選手次回はこれぐらいの釣りますよー。


いつもお世話になっている浩和さんと家族!
HOME